ジオサイト一覧

石に刻まれた人々の祈り

 大分県は磨崖仏が多数所在することで知られ、豊後大野地域にも国史跡「菅尾磨崖仏」を筆頭に、中世から近世にかけて多くの磨崖仏が彫刻されました。その要因は間違いなく阿蘇溶結凝灰岩の存在で、特に加工に適した弱溶結凝灰岩露頭、非溶結の凝灰岩露頭が選ばれていることからも理解できます。また凝灰岩製の石塔類も多数作製され、優品も多く含まれています。凝灰岩と河川によって生み出された複雑な地形は、その自然を克服しようとする人々の思いを受け止め、神社や施設の立地や成立、祭りの構成に影響しています。さらに、阿蘇溶結凝灰岩以外でも、その異質な山容から山そのものがご神体になるなど、人々が祈る対象は地形・地質に大きく影響されていること、そしてその証が今も息づいているジオサイトに「人々の祈り」というサブテーマを設けました。  

  1  2 

Photo

page top